改正薬事法

改正薬事法

他方、年の3月から製薬製品新しい販売システムの円滑な施行について会っている研究によって、通信販売商品が最初の親切な製薬製品と第2の親切な製薬製品について禁止される厚生労働省法が2009年2月6日に公布された調査することです。
製薬製品販売、ドラッグストアと許可のディーラー、薬剤師ディーラー、配置ディーラーと特別な売り手がドラッグストアと既製のディーラーと配置ディーラーによって同時に再編成されたというビジネス条件。
他の報道の視点から、処方に基づく薬、ドラッグストアと通知の通知制、既製のディーラーにおける通知義務的な定数問題の販売の場合、義務的な補助金義務的な文書は、されます。
一連の改訂は、自己治療の昇進を客観的な部分とみなしました。
年をとった生産者、若干の前の分類許可アイテムだけを扱った供給元とJIS一致アイテム以外は改正法で生産ディーラー許可があるために、行為が援助を聞いて考慮される卸売りを、果たした薬の輸入業者。
改正法が実施されたときこれらの会社には2005年4月1日現在、生産ディーラー許可があると考えられたので、改正法が同じ日現在、義務づける許可条件はすべてを満たさなければなりませんでした。

改正薬事法の影響関係ある法律