オンラインのリスク

オンラインのリスク

オンライン・ドラッグストアは、いろいろな場所で問題を引き起こすようです。
すべての上昇、しかし、私が以下の通りに類似しているならば、出版者がなった特定の新聞の調査結果を、インターネットの上の製薬製品の売上高は、続けました。

オンライン店で医療を売ったサイトのおよそ84%は、処方を必要としませんでした。
処方を必要とするために主張しました。
しかし、単に顧客だけがこれらの薬によってそれをロードするので、しばしばそれを創り出します。
そして、同じ処方を使うためにそれを訴えたと言われます。

ところで、過去4年で、制御された処方薬を売っているサイトの数は着実に2004と2005年に154の数から数を発達させます、そして、それが2007年であったと187の数に言われます。
そのうえ、子供たちにとって、これらの医療の販売を止めるために訴えたが、すぐにその頃それを止めに来ませんでした。

インターネットは2005年でかなり流布しました。
そして、ネットを使った違法薬物の販売は本当にブームになりました。
それは、ネットが広がる前に歌舞伎町(新宿)とともにエンターテイメント地区の特定の場所に行かないならば、買うことが、私ができなかった違法薬物がネットで簡単に買うことができたものです。
年齢のおよそ2分の1年の間に、最低60でインターネットを使用している違法薬物を売った人間を逮捕しましたと警察は、その頃それを発表するようでした。
中で現在、厳しく監督されます。
しかし、我々がそのような時代があったことを忘れてはならないと思ってください。

オンラインの今後改正薬事法の影響